夏の紫外線から肌を守りシミ予防

春先から夏にかけて紫外線が強くなります。紫外線はシミを作る原因のひとつできちんとケアをしないと肌に大きなダメージを与えます。通常、肌は紫外線を浴びるとターンオーバーでメラニンを排出し元のきれいな肌に戻ります。しかし、過剰に紫外線を浴び続けるとメラニンの量が増えてターンオーバーが崩れます。http://note0memo.sub.jp/

崩れたターンオーバーによりメラニンを排出できず肌に停滞しシミとなります。したがって、シミを防ぐには紫外線対策が必須と言えるでしょう。

では、紫外線対策には何が有効でしょうか。ズバリ日焼け止めでしょう。最近では塗る日焼け止め、スプレータイプの日焼け止め、飲む日焼け止めなどさまざまなタイプがあります。シミ対策なら塗る日焼け止めがおすすめです。単純に塗るだけでは対策として不十分なので、重ね塗りがポイントです。

まず、基礎化粧品からファンデーション、白粉にいたるまでSPFのある物を選ぶことが大切です。最近では日中用乳液、チークやリップなどにもSPFのある商品が増えてきました。これらを重ねて使用することにより、紫外線から肌を守ることができます。

塗り方はついつい伸ばしたくなりますが、叩いて肌の毛穴の奥まですり込むことが大切です。そうすることにより、肌全体に日焼け止めが浸透します。ウォータープルーフタイプを使用するとさらに効果が得られます。暑さで汗が垂れる夏にはウォータープルーフタイプがおすすめです。このように、日焼け止めを使用し対策をとることで誰でも簡単にシミを防ぐことができます。加齢とともにターンオーバーも崩れやすくなるので、早くからのケアが大切です。